テラヘルツ波の威力が凄すぎる!!

テラヘルツ波の、『テラ』とは、『1兆』 
ヘルツは、HZ、周波数の波の大きさを
表す単位の事です。

「光」と「電波」の中間に位置し両方の
性質をもつ電磁波であるテラヘルツ波は、
1秒間に1兆回振動することから、
『テラヘルツ』と呼ばれているのです。

テラヘルツ波が育成光線と呼ばれるのは

1981年、NASAがこのように発表しています。

”太陽光線の中で人体に最も有効に作用するものは遠赤外線で、
その中でも4〜14μ波長(=育成光線)のものは人体に最も深達力がある。
育成光線と人体の分子の共鳴作用により発生した熱エネルギーは、
微細血管の拡張(血液循環)や細胞の新陳代謝の促進効果があり、
機能向上に貢献する”

このNASAが言う、人体に最も深達力がある育成光線の波長こそが
がテラヘルツ波なのです。

育成光線と人体の分子の共鳴作用ってわかるようなわからないような・・・?

簡単に言うと、人体にテラヘルツ波を
照射すると、人体のもつ固有周波数と
テラヘルツ波の周波数が共鳴して
人体の細胞が活性化し、美容健康効果
が高まるということです。

テラヘルツ波は人や動植物の性質を
良い方向へ変化させる働きがあります。

テラヘルツ波はどこに存在する?

テラヘルツ波は実は太陽光線や、人間、動植物、
鉱物からも放射されています。
自然界のあらゆる物質や生命体から放射され、
同時に吸収されているのです。

テラヘルツ波の放射量は生命力が高いほど多いと
されており、乳児が最も多く、年を経るにつれて
低下していきます。
また病気の臓器や体力が低下してる方も
テラヘルツ波の平均放射率や放射量が
低下しています。
植物も同様で鮮度の良い野菜はテラヘルツ波の
放射量、平均放射率が高く、鮮度が
落ちると低くなると言われています。

いつまでも若々しく健康な体を維持するために
テラヘルツ波を照射することはとても有効
な方法なんですね。

テラヘルツ波の美容効果

DNA細胞を修復する
細胞の新陳代謝を促す
血行を促進する
電磁波障害を緩和
デトックス効果
傷ついた血管を修復する
腸内環境を良くする
活性酸素を排出する
コラーゲンの生成と接着

肌のはりを保つ「エスラチン」という成分がありますが、
これにケイ素が束ねる力があり、
ヒアルロン酸やコラーゲンを結びつけます。

ケイ素には副作用もないことが厚生労働省からも認められてます。
なぜなら過剰摂取したものは体外に排出されるからです。

経皮吸収も可能なことから経口摂取でなくとも、効果を発揮してくれます。

テラヘルツ波は、光波の「直進性」と電波の「透過性」を併せ持つ波長領域ですが、光として計測するにはエネルギーが低く、電波として計測するには周波数が高すぎることから、扱いにくい領域として“未開拓領域”の電磁波でした。

しかし近年では、可能性を秘めた希望の電磁波として注目を集めており、多くの大学や企業の他、医学界、カメラメーカー、電子医療メーカーなどで研究され実用化が進んでいます。

例えば、非金属を透過する性質や人体への影響が少ない性質から、

・芸術品・文化財等の非破壊検査
・禁止薬物・危険物検査等のセキュリティ
・医療における診断
・農業や食品の残留農薬検査

など、多方面の分野で研究開発・実利用が進められています。

テラヘルツ波は水に親和性があるため、水分量の多いものに作用しやすいです。人の身体は全体の60%~70%が水分であり、人体の60兆個の細胞全てがテラヘルツ波の影響をストレートに受けやすいと考えられます。

他にも、植物や野菜の生長を促すなど、多くの有効性が報告されています。まだまだ分からないことの多いテラヘルツ波ですが、私たちにとってたくさんの恩恵のある電磁波だと考えて良いでしょう。

最初のコメントをしよう

必須